マスターの闘病日誌part3

今年に入り1ケ月に1度病院で血液検査をしています。癌の再発の検査です。首のあたりに小さなしこりがあり様子を見ることになり6月のPET検査でリンパ節に転移が見られ手術することになりました、病院側も病棟が空かない。7月になりようやく入院の日が8月12日と決まり1年前と同じお盆の最中です。

この癌の転移が見つかる前に実は鼠径ヘルニアになってしまい、これもまた治さなければいけない。友達の紹介で東京の執行クリニックに行き診てもらい下腹部2か所を治すことになりました。鼠径ヘルニアは手術でしか治すことができない。加齢や体質でなってしまう事らしい。腹筋や運動では予防できない。ここのクリニックは日帰りや一泊二日で退院できてしまう素晴らしい病院です。7月15日10時に入院、1時に手術2時30分には終わりました。そして夕飯をしっかり食べ1日ゆっくりさせてもらいました。痛みはありましたが、筋肉痛の強い痛みほどで、1年前の手術とは比べようがないほど楽でした。また看護師さんならびに先生がたの対応が素晴らしくさすが有名なクリニックだなと思いました。普通なら1週間ほど入院する所わずか二日で退院とはおどろきです。朝7時に朝食(これがまた病院食とは思えないほどのメニュー)レントゲンを撮り傷口のテープを取り替え8時20分には病院を出て浅草発9時のスペーシアで今市へ、自宅には11時前に戻りました。この日18日までに送るマカロン通販の仕事がありマカロン400け作り、大阪に7箱350ケを発送しました。次の日にもう仕事ができるなんて・・・・私は仕事バカです!夜にはなんと宇都宮のTOHOシネマでマレフィセントを家内と観に行きました。 人生色々あるけど、なんと楽しいのだろうか!前向きに生きるのが1番!        また執行クリニックの先生方、看護師の方本当にありがとうございました。

これが闘病日誌part3です。また8月にはpart4が8月12日からはじまります。

_____________________________________________________________201471812586.JPG2014718125844.JPG2014718125914.JPG2014718125951.JPG201471813027.JPG________________________________________________________________

ページ上部へ